Loading...
ハートフルグループはとても地域を大切にする薬局 竹原 瑞陽
  • 職種 :  薬剤師(常勤)
  • 入社 :  2017年
  • 所属 :  あい薬局
竹原 瑞陽
SECTION

勉強のほうはあんまり得意ではなかったです(笑)

お仕事内容を教えていただけますか。

私は入社して2年目なんですが、 すごく充実した中でとても楽しくやらせていただいてます。 今は薬局内の処方箋を受け付けてからお薬をお渡しするまでの調剤業務と、在宅業務という実際に患者さんの自宅にお薬を届けに行って、お薬の管理をおこなったりしています。また、薬局の在庫管理についてもやらせていただいてます。

ハートフルグループに入社されたきっかけを教えてください。

学生時代はアルバイトと部活動中心にやっていて、勉強のほうはあんまり得意ではなかったです(笑)。それでも実習が終わってからは勉強も頑張って、国家試験に受かりました。 そんな学生時代の2.5カ月の学生実習で、今の『あい薬局』に実習させていただきました。そのときから会長を始め、社長方にもいろいろお世話になりました。実習の後も何度か薬局に顔を出したりしているうちに、ハートフルグループでの仕事が楽しそうだと思い、入社を決めました。

竹原 瑞陽
SECTION

勉強してきたことが役に立っていることを実感できる。

入社前、入社後の印象はいかがですか?

私の場合は実習が長かったのもあり、今の職場の雰囲気は実習のときに感じた温かい雰囲気のままに感じています。今ではだんだんと仕事の手応えを感じることができるようになってきて、さらなる充実感につながってきています。

お仕事のやりがいを教えてください。

今はまだ2年目で新人としてやらせていただいてるので、お薬を触ったら必ずすぐにしっかりと調べて、患者さまに説明するときに知識があいまいなまま説明しないように心掛けています。 こうやってスキルアップすることがやりがいにつながっています。勉強したことが役に立つという意味では、患者さま以外にも仕事で他職種の人と関わった時に薬についての話をしたり、在宅業務の時にドクターの方に薬を聞かれて処方を提案したり、もちろん患者さんに対してこういう薬がいいんじゃないかとご提案できるのは、勉強してきたことが役に立っているということを実感することにつながります。

以前、交流会で知り合いになったケアマネージャーさんから、お薬の管理をやってほしいとお願いされて、在宅の訪問を開始したケースがありました。実際に患者さまのご自宅に行ったら、お薬がどっさりあって、食事の前に飲むお薬、食事の後に飲むお薬がぐちゃぐちゃになっていました。そこでお薬のカレンダーをセットし、お薬を先生と相談して飲み方も工夫して、検査値とかも家族の方から伝えるようにしました。こうやってしっかりお薬が飲めるようになってから、だんだん良くなっていくのも経過として見れました。
最終的にはお亡くなりになられてしまいましたが、患者さま本人さまからも、ご家族の方からも、薬局のほうに「本当にありがとうございました。」と言ってもらえました。いろいろ勉強してきて良かったと思いました。

竹原 瑞陽
竹原 瑞陽
SECTION

ハートフルグループはとても地域を大切にする薬局

職場の雰囲気や、働く環境について教えてください。

職場には、さまざまな年齢の薬剤師がいます。個性的なメンバーでやらせていただいてて、患者さんへの接し方もそれぞれ違います。患者さんが各個性に対して、あの薬剤師さんがいいとか、実習生が来たときも、あの薬剤師さんの話し方は勉強になりますとか、いろいろ言ってもらうこともあります。そこら辺は誇りに思っています。職場のみんなも仲がいいので、とても働きやすいなと思います。

ハートフルグループの特徴について教えてください。

ハートフルグループは地域に密着してる薬局で、処方箋を毎回持ってきてくれる患者さんが多いです。顔を覚えてもらったり、こちらも顔を覚えることがあるなかで、お薬をお渡しすること以外のコミュニケーションがあることがわかって、とても地域を大切にする薬局なんだということがわかりました。

竹原 瑞陽
SECTION

ハートフルグループは若い世代の薬剤師がとても多く活躍

今後の目標があったら教えてください。

これからもっと薬のことを勉強していって、もっと知識を身に付けて、他の職種の方からも頼りにされるような、名前を知ってもらえるような薬剤師になりたいと思います。

現在、入社を検討されてる方に対してのメッセージがあったら、お願いいたします。

ハートフルグループでは、調剤業務以外にも、施設や在宅など幅広い仕事があり、とても勉強になります。僕を含め、若い薬剤師も多く、若い世代の薬剤師がとても多く活躍していると思います。ぜひ若い世代の薬剤師に入っていただいて、一緒に勉強していければと思います。

竹原 瑞陽